React v0.13 RC での変更点 – propsの警告

このエントリーをはてなブックマークに追加

React v0.13 RCが発表されました。

変更点について検証したいと思います。まずはpropsについて。

Mutating props after an element is created is deprecated and will cause warnings in development mode; future versions of React will incorporate performance optimizations assuming that props aren’t mutated

v0.13 RCからはthis.propsに値を設定するとdevelopment modeの場合のみWarningが出るようになります。

下のようなコードを書いても今までは特に何もありませんでした。(こんなコード書くなよ!ってドキュメントに書いてあったぐらい)

これがv0.13 RCのdevelopment mode(minifyされてないreact.js使った場合)だと以下のように警告が表示されるようになります。

Warning: Don't set .props.name of the React component <ExampleApplication />. Instead, specify the correct value when initially creating the element.
Written on February 26, 2015
このエントリーをはてなブックマークに追加